トリプルバッハキャップス

トリプルバッハキャップスを買って使ってみた感想レビュー

 

R-1シリーズのトリプルバッハキャップスを通販で購入して使ってみたので、その感想&レビューをしていこうと思います!

 

トリプルバッハキャップス

 

箱を開けるとこのような感じになっています。

 

トリプルバッハキャップス

 

トリプルバッハキャップスは3つのアクセサリが入っています。

 

・先端が球体になっているVIRGO(ビラゴ)
・ペニスに被せて亀頭責めをするLIBRA(リブラ)
・アナルに挿入して使うディルドタイプのLEO(レオ)

 

トリプルバッハキャップス

 

こちらがVIRGO(ビラゴ)。クリトリス責めや乳首責めなど、ピンポイントで責めるのに使います。

 

トリプルバッハキャップス

 

こちらがLIBRA(リブラ)。ペニスに被せて振動による亀頭責めが味わえます。

 

トリプルバッハキャップス

 

・こちらがアナルに挿入するタイプのLEO(レオ)

 

トリプルバッハキャップス

 

どのアクセサリも、このバッハRotorに被せて使用するタイプになります。

 

トリプルバッハキャップス

 

VIRGO(ビラゴ)をバッハRotorに被せてみました。

 

トリプルバッハキャップス

 

R-1コントローラーを使って操作するのですが、全体としてはこのような感じです。

 

トリプルバッハキャップス

 

次はLEO(レオ)をバッハRotorに被せてみました。

 

トリプルバッハキャップス

 

R-1コントローラーを含めた全体像はこんな感じです。

 

トリプルバッハキャップス

 

最後にLIBRA(リブラ)をバッハRotorに被せてみました。

 

トリプルバッハキャップス

 

全体で見るとこんな感じです。

 

トリプルバッハキャップス

 

指を入れている部分にペニスを挿入する感じになります。

 

トリプルバッハキャップス

 

 

トリプルバッハキャップスを使ってみた感想&体験レビュー

 

トリプルバッハキャップス

トリプルバッハキャップスの詳細&口コミはこちら>>

 

 

今回はトリプルバッハキャップスの中で、ペニスに被せるLIBRA(リブラ)を使ってみました。

 

まずバッハRotorにリブラを被せるのですが、少しいれづらかったので、ローションを付けて入れてみました。

 

バッハRotorを入れる穴が小さいので、始めは破けないかなと恐る恐る入れたのですが、素材が丈夫だったので、慣れてくると思いっきり広げて出し入れしました。

 

素材に伸縮性に優れた樹脂を使っているだけあるなと思いました。

 

バッハRotorも仕込んだのでペニスを入れようと思ったのですが、中で射精するのもあれなので、コンドーム付けてペニスにリブラを被せました。

 

いざR-1コントローラーを使って、振動を与えます。

 

7段階の振動の強弱と、7つの動きのパターンが組み合わせて使えます。

 

亀頭に振動刺激を与えた事がないので、始めは少しビビリながらスイッチを入れたのですが、これが思ってたより気持ちが良くて、スマホでエッチな電子コミックを読みながら、3、4段階の強さでまったりと快感を味わいました。

 

動きのパターンも色々変えてみて使ったのですが、とても気持ちがいいパターンがあったりと楽しめました。

 

7つの動きのパターンがあるので、自分好みのパターンを探してみると楽しいですよ。

 

リブラはちょうど亀頭の裏側にバッハローターが仕込まれている形になりますが、亀頭の裏側はもちろん亀頭全体に振動が伝わってきました。

 

振動だけでまさかフィニッシュまでいけるとは思っていなかったのですが、だんだん気持ち良さが高まってきたので、振動をさらに強くして、そのまま射精することが出来ました。

 

振動による亀頭への刺激は初めてだったのですが、まさか射精するほど気持ち良くなれるとは思ってもみませんでした。

 

振動刺激もあなどれないですね。まったりと亀頭への刺激を楽しみたいという方にはおススメです。

 

トリプルバッハキャップス